Kanとその仲間たちのLoftのブログ

平成27年5月にオープンした青森市の就労継続支援A型事業所です。作業内容や長くなる事を書いています。

おいくら万円。


以前、委託販売をして頂いてるうららさんから、初期の作品を一度引き上げておりました。商品を入れ替える事にしたのです。
1年で事業所の作品の質も上がっておりますので!
初期の作品は、一部手直しなどをして、再販できる頃にまた閲覧できるようにしたいと思っています。

 

今日は、少し制作部門について日記を書いてみようと思います。

ただ、私は、利益のカラクリは、おおっぴらに言うものではない。という認識なので

内部の方にはきちんと説明をしていますが…。(^o^)丿

実地で質問、は、ごめんなさい、そもそも担当外です!

 


さて、、


先日まで、商品の販売について再考したりしていました。

制作部門、といえばそうですが

わかりやすく言うと、ハンドメイド部門でもあります。


ハンドメイドの市場を見ていると、


しっかり利益を取る為に価格設定している方と

市場の大量生産品に合わせた価格設定(+アイデンティティの付加価値)をしている方

に分かれています。


後者の方が、消費者にとっては

「なじみのある価格で個性的なのが手に入った」

が達成されるのですが…


作家として活動していく為には、それだけではキツいでしょうね。


最賃を確保して値段を設定すると

まー簡単に価格が莫大に跳ね上がるんですよ。


最賃だけでも取るというなら、製作時間の短縮も視野に入るのですが。

製作時間の短縮…。おそらく、福祉関連の労働実情のデータを見た事がある方は…わかるはず。課題解決については、省略します。

小売店に流通している製品は、やっぱ大量生産なのでコストを下げれるんですよね。

 

授産施設の商品は、安価な設定が一般的なように思えます。

利益を求めるより、障がい者の活動が重点である場合も多かったので。

しかし実情は、職員が作業をフォローする必要が出るので

福祉施設なのに、利用者と同じ作業に忙殺される

もよくあるんですよね。

ウチは幸い、私が手芸がやれないので

手伝っていません…。

こんな切ない事を、言うことではないのですが。

その代わり、利用者の方のスキルを上げる事に重点が行きます。

制作部門にいる方は、皆さん基本的に、自分で趣味で制作をしているので

何もした事ないけどやってみたい。というより

やれるからもっと技術を伸ばして活かしたい。という方が、制作部門で企画、制作を行っています。

私はやれない代わりに、機械の修理や資材の調達、
あとは、制作現場に非常によくある事なのですが

自分の手がけた作品をずっと見ていると、客観的に見れなくなってくるので
その提案
など…
(私はその他にも色々やるので、制作現場にはこれが手一杯です。)


で、創り上げる物で利益を得る、に授産施設はかなり舞台が厳しいなと思っています。

なぜなら、福祉施設のものは安い。というイメージがついて

実際利益を取る価格設定ができなくなってきているんです。

あと、過去に私が設定した価格も、
きちんと市場を分析しないで設定してしまったので

値段を上げられない!(T_T)

これは私の大失敗です


しかし…ある市場を調査すると、客単価が、想像以上に低い事もわかります。

なので、私が設定した需要型の額も、その客単価に大体マッチしてるので間違いではないのですが

制作部門だけで利用者に工賃払いたいな。となると、今のままでは無理です。

無理か、厳しいか~。そんな事はなく

戦闘方法を変えるしかないんですよね。

…とまあ、そんな感じです。いま、兵糧を溜めてます…。

 

最近、自宅で録画している番組が減ってきたので
夜中こっそりストリートファイターをしていたら、家族にバレ、それから最近1日30分だけプレイしているのですが(昭和の小学生のようだ)

コントローラーのボタンが、謎のオリジナル設定だったので…
ええと… 4年振りのプレイなので…。
弱パンチはどこ?全く技を出せない。
基本に戻して再修行
必殺技に頼ったり、ジャンプで接近等がかなり減っている。対空にも攻めれるようになった。
これは昔よりはうまくなってるぞ

基本は大事って奴ですね

いつか、攻撃で飛んで隙だらけのキャラに追撃できるレベルになりたいです。

あ、そういえば、利用者の方から、所長いつもゲームやってると言われたのですが
家だとあまり出来ないので、すみません。対戦はお断りします。弱いので…。