Kanとその仲間たちのLoftのブログ

平成27年5月にオープンした青森市の就労継続支援A型事業所です。作業内容や長くなる事を書いています。

研修に行ってきました

事業所はとても忙しいのですが

忙しいだけでは、利用者さんを支えきれない場面は多々あります。

要領がよくなりたいなぁ。。

 

今日は、雨が、すごい日でしたね・・。

季節の変わり目もあって、寒暖差が激しく

それとは別に私は夏から咳が止まらず、まともな対談ができない事が続き、大変ご迷惑をおかけいたしました…。

未だ治療中ですが、会話が可能となってまいりました。

 

 

 

今回は、罪を犯してしまった方への支援について勉強してきました。

福祉の方にとっては、犯罪者への支援に不安を覚えたりする事もままある、、そうです。わかります。

 

そもそも、ピンと来ないし。

 

私自身、犯罪といえば

 

ヒッチハイクだと思って止まった(止められた)ら、行き先ではなく、「免許。」

 

とか

 

荷物おろしてるとき

 

「ビルの前に車停めてる人・・・・・・黄色い人来てるよ〜じゃーね〜・・」

 

っと言われ 慌てて戻ったものの

 

黄色い札がはっつけられてたり

 

する程度で

 

(今は、ゴールドです。。・・)

 

とはいっても、犯罪を犯してしまう方の気持ちはわからないでもないです。

 

アウトローかっこいいとか、楽だとかそういうのじゃなく、

 

多分、本人やりたくて罪を犯す人はごくごくめったにいないんじゃないかな

追い詰められて追い詰められて、それでしか方法がなかったんじゃないかな

と思います。

 

 

助けてくれる人や

話聞いてくれる人や

自分の問題が自覚できなかった人や

問題解決の方法がわからなかった人など

 

それに加え、今までの生き方とかが絡まって絡まって・・・

大変だったんじゃないかなぁ

 

普遍的な慰めとかだけでは

根本的な問題解決にならない場合もあり

再犯をする人がままいるのかなぁと

思っていまして

 

実際に研修では、今までのデータ等を教えていただき

色々絡まって、犯罪する事しかわかんなかった。人が多い感じがありました。

やはり生育歴などの洗い出しが 支援には必須なのもわかりました。

 

うーん

よくネットで配信されるニュースとかで

罪を犯した人の記事を読み

批判的な意見ばっかり集まるのが インターネット ッポイとこを感じますが

 

私は、なんでそんな事したんだろうなーと思ってしまいますので

ネット配信のニュースに対する、個人の感想とかは

あまり見ません。

 

正直、専門家の意見も

気になる時は

調べる事もあります。

自称専門家は、たまにいます。

専門知識がないにもかかわらず、記事報酬目当てで、うさんくさい情報撒き散らすライターさんもざらにいます。

 

 

で、

 

事件に対し

 

なんでそんな事したの?バカだな。という意見はめっちゃくちゃありますが

被告への事情を察する人なんてあんまり滅多に見ません。

逆に察しすぎて、思い込み激しくないか…と思う意見もあります。

これを世論と捉えると、偏りそうなので、あまり見ないのですが。

 

◯◯(批判的要素)だからダメなんだよ。みたいな考え方は、なんというか…安全圏なんだけど、無責任だよねって思います。

 

犯罪したその人を社会から切り捨ててしまっては、その人は生きていかねばならないのに、戻ってきたときどうするの?もっと大変な事するんじゃないの?と思います。

 

生育歴に問題があった場合なんて

多少の言葉のやり取りでは

ご本人の問題は溶けないでしょうと思います

 

そこは努力でどうにかしろよ。と思うのも正常かと思います

色々あったけど踏ん張ってどうにかして今生きてる人もたくさんいると思います

しかし障害が絡んできたり 例えば知的障害が絡んできたりすると

努力をするまでが大変になってきたりしそうなんだけどな

 

と思っていたのですが

やはり、生育歴や環境でハンデくらった人は大変だし

発達障害ある人はもっと大変だし

知的障害ある人はもっと、大変だと

いう事がわかりました。

 

色々書きすぎると、講義の先生方のお話するネタ潰しになりかねるのでは・・とか

私がざっくりと書きすぎて、言葉の語弊とかで、先生方の伝えたい意図が間違って発信されると困るので

割愛します。ので、ほどほどに見てくれれば 幸いです

 

なんか

支援にあたって

ご本人が前向きに頑張る分、まだまだ、この例題の人はチャンスあるななっと思いました。大変ではあるだろうけど。

 

もう自暴自棄とかになられてしまった人とかは

ウチ(A型)だと

支援する依然のレベルなので

この中間にいらっしゃる事業者さんはもっと大変だろうと思います。

 

 

福祉の事なんか、私はよくわからないままここにいますが

日々勉強になります。

よくインターネットの事に触れますが

ネットがなきゃわからない事だらけです。

 

だから、利用者さんへ対し

どこまで踏み込んでいいのだろうか。というのは日々、日々かんたんに決断できません。

このあたりの踏み込み方は、まだまだ甘いなぁとも思いますし、逆に踏み込まなすぎたな、と思う事もよくあります。

 

ところで、研修なのですが

急用で2日め早退したので

あのワークシートの正解はなんだったのだろう。

と気にはなっています。

が、ソレ以前の講義は、本当に参考になりました…。

ありがとうございました。

裂織の製作

ブログを開設しました。

事業所の様子などを書こうと思います。

(怒られない範囲で・・)

よろしくお願いいたします。

 

f:id:npo214megumi:20160915151829j:plain

製作中の裂織です。

 

理事長より、半纏を作って欲しい・・・と言われ・・・急遽取り掛かっています。

理事長は、半纏を羽織る必要がある、とある役員のようです。

 

全員半纏を作った経験がないのですが😨

(ここでこの大変さを察した方は製作のセンスがあります)

 

言わずともクオリティを要求されているのが、気にしないふりをしていても伝わりますねぇ〜

 

や、独り言です

 

 

しかしうちの利用者さん、服飾のプロがいらっしゃるので TT

 

創意工夫でみなさんがんばっていただいてます。

 

f:id:npo214megumi:20160915151841j:plain

この織り機の使用、初めてです。

事業所に裂織の指導をしてくださっているO先生から譲っていただきました👼🌟

 

縦糸の強度が不均衡で、写真ではふにゃ・・となっていますが、織り上がって、できた生地を織り機からガラガラ〜〜〜〜〜。と取り出すと

まあまあ、まっすぐになります。なるはず。

 

(申し遅れましたが…。所長です。この通りガサツです)

 

 

この生地を織っている利用者さんは、とってもしっかりしていらっしゃるので

自分で織り機の使用方法を研究し、縦糸を張ってくれました。゚(゚´Д`゚)゚。

当事業所の99%の作品は彼女の作品です。

残り1%程度で、私の作品もありますが、一度も売れていません。

 

 

f:id:npo214megumi:20160915151851j:plain

O先生に、自分で縦糸の色を変える方法をご指導いただき

O先生からおすそ分けしていただいた糸 糸 糸・・・

そして事業所でも、利用者さんが探し出してくれた“安く糸を仕入れれるお店”から注文した縦糸・・・

色んな色を見ているとなんだか元気になりますよねぇ

 

 

 

f:id:npo214megumi:20160915151858j:plain

先日体験で張った水色の縦糸をそろそろ変えたいなぁと、織り進めてもらっています。

 

 

f:id:npo214megumi:20160915152251j:plain

色の配色の勉強にもなります。

私、色のセンスの無さに、根強い評判がございまして

利用者さんが貸してくださった配色表

めちゃくちゃ参考になっております。

人生でもっと早く、こういうのに出会いたかったです。

 

f:id:npo214megumi:20160915151908j:plain

しかし・織る・までの準備が・・・

ナゲーーーーーーーーー・・・・ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

根気。根気。根気。

もくもく。とやる作業が好きな人はいいですよ!

ぜひいらしてください。助けてください。事務所の中、狭いですが一緒にまきまきしましょう。

 

私と利用者さん1名でもくもくと作っていた時代が懐かしい・・

今では増えつつある利用者さんみなさんで一気に生産してもらっていますので

これでも着手が早くなりました。

もし彼女達がいなかったら

未だに私は裂玉作りで全身毛だらけになっていたと思います。

 

紺色系の生地が無いね。無いね。白混ざるね。と相談しながら、ロックミシンで裁断を続けてもらっています。

 

 

◯ ◯ ◯ 

 

 

以前まではツイッターで画像をぽんぽん紹介していたのですが

iPhoneを水没させて以降、新しいの買うのもめんどくさいなぁ・・。

7出ますが…通話いらないんだよなぁっと言ったら

iPod Touchでいいじゃん(笑

と突っ込まれ(・_・)

あと1クリックで注文するまではいきましたが、他の欲しいモノがあるかもしれない。。。

他の欲しいモノとは?

 

 

んー、まあ、今回の写真は、昔使用していた、わやおもて〜カメラで撮影しました。

この手のカメラは、最初の明るさだの絞りだのから設定が始まり、さっさと撮影ができないので、「絶対キレイに写真とりたい!!!!」ってときしか出しません。

スマホのカメラ最高です。

 

買うまで更新しない。。とやっていると

そこで更新が永久に止まってしまいそうなので

今回ブログを開設した訳なのですが

現代でも、ブログというのは活発なのですね。

 

 

インターネットの世界は、めまぐるしく文化が移り変わり

あんまり前時代的なコンテンツを提供していると

ネットから情報集める人は

情報ふるいな!で、参考にしてくれなくなってしまいますので・・

 

おわります。