読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanとその仲間たちのLoftのブログ

平成27年5月にオープンした青森市の就労継続支援A型事業所です。作業内容や長くなる事を書いています。

講習に行ってきました。

 

講習に行ってきた記録となっていますが、

講習に行ってきました。

 

社会福祉協議会さん主催の、虐待防止の、講習へ行ってきました。

とんでもねー、寒波で… リュックに書類つめて・・・・

いや雪国生まれ育ちなので、これくらい、全然平気なんですけど・・・

 

皆様、関係者様、本当に、お疲れ様でした。

お部屋は、暖かかったです。

 

管理者と、支援者で日程が分かれており

最初は管理者の日程で行こうとしたのですが、

内容が同じかしら。と、把握してしまったので

 

今回は、支援者の日程で、お邪魔させていただきました。

個人的には、こっちで正解だったと思います…。

身にしみる対応、なるほどな対応、今回もたくさん学べました。ありがとうございました。

 

 

その中で、支援者は、自分でも、勉強しなさいね。というような事をおっしゃってて

なるほどなと思いました。

 

わかんない事、調べても

私みたいに現場経験に疎い人に対して

日本語で無料で教えてくださったり

各市町村ごとの対応とかもわかりますし

仲間や同業の方が、有益になるモノとして、情報共有してくださったり

利益…のカラクリは置いといて、

基本運営の謎を聞けば・調べれば分かる

 

いやいや…全然

私にとっては、助かる。しか…。ないので…。

 

まるっきりそうじゃない組織も知っているからこそ

助かるなぁって

( ;∀;)

 

思っていますから…。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

A型事業所の法改正案が出ているのもあり

今継続して利用していただいている利用者さんともよく話すのですが

この1年、練習期間だったね

これからは本格的に頑張ろうね。って

思います。

 

 

今はこうして、周囲に助けてくださる方、お話聞いてくれる方がいるので

それが一番頑張れる理由ですね。

 

 

 

***

 

パンフレット、改編したのが完成しました。

 

主な変更点は、裏面のデザインを一新したのと

送迎についての表記を あり から 原則なし に変更しました。

見学にいらっしゃるみなさん、送迎あり、って事で来てくださるのですが

事業所一覧表と、パンフレットにありって書いてるからそりゃ問い合わせある訳で

この一年で原則なしの方針となっています。

そこが一番の大きな修正ですね。

あと、バス停の情報や、就業時間の修正も行いました。

 

 

フルカラー版を、せめてホームページで閲覧できるようにしようとしたら

サイト側で仕様変更があり

 

色々、その辺の修正案はあるのですが、ちょっと時間をください。

レイアウト崩れも把握しておりますので…お待ち下さい。

2016年・・・

(前回投稿した記事、一度下げました。)

 

 

事業所のコピー機が壊れ、新しくなりました。

ありがとうございます…!

FAXの送信の速さに恐れ入りました。

溜まった待機書類の印刷が終わりました。さっぱりしました。

 

さて、事業所オープンしておよそ1年半。

最初は手探りで色々大変でしたが、

私も色々勉強させていただきました。

1年でまさか定員埋まるとは思いもしませんでした。

色々、ありましたが、色々、勉強となりました。

う〜ん・・て事も、良かったなぁ・・と思う事も。

たくさんありましたねぇ。

 

私自身も、まだまだ不勉強なところがたくさんあり、

ご迷惑をおかけしたことも、ご配慮していただいた事

数々ありました。

 

そして、未だに自分の未熟さを実感しています。

自分で自覚している未熟さを、新しい年から攻略していこうと思います。

 

そして、各関係機関の皆様、今年も大変お世話になりました。

一時期、咳込みがひどく、電話ではなくFAXで連絡を取りまくった時期などもあったりして、

不思議な事業所かと思われた方も、たくさんいらしたかもしれません・・

その節はご迷惑をおかけしました。

 

そして、利用者の皆さん。本当に、私はみなさんのお陰で日々事業所の雰囲気や、発展がいとなわれていると思っております。

これからもみなさんの目標のお力添えをさせてください。

 

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

ネット。

f:id:npo214megumi:20161204185232j:plain

 

10月に投稿した記事の内容なんですけど、な 言ったやろ。です。ふふ

ここ最近、某サイトが記事の信ぴょう性を改善するために、一時的に全記事の非公開を進めた事が世間で話題になりましたね。

ちょっとおもしろかったのが、追随するように、他サイトも記事の引っ込めを開始しています。

 

 

医療系の記事は本当に話半分にしたほうがいい。と思っていましたが(後述)

堂々と改善宣言を出した某サイトさんはある意味すごいなと思います。

3年後くらいには、にっちな医療系記事等出してるところが無くなっていればいいですね。

ネット、無法地帯というか、

アクセス取るのが一番大事なので

アクセス実績ないと…広告主に営業できないですからね。

 

何がなんでもクリックさせる為に見出しを過激にしたり

スマホだとフェイントで広告が出てきたり

きれいじゃないとこがある世界ですが

そのうち整備されていくんじゃないでしょうか。

 

 

 

後述となりますが

私自身が

内職探しでライターに募集したことがありました。 

入門テストみたいな感じで

美容系テーマで、これとこれが大事ってこと書いて、この製品推す感じで試しにヨロシク

 

と。依頼される訳です。

 

・・・当然なのですが、私は別に美容にいれこんでる女ではありません・・

 

ちなみに、一文字の単価は0.75円。スキル次第で上がるそうです。

仮に400字作成したとして一つ300円。

 

専門知識がない場合、それを調べまくって仕上げる訳ですね。

 

元々知識ある内容だったらすぐ書けるかと思います。

でもそういうテーマの記事はすぐ応募枠が埋まってしまう。

 

報酬単価が高いのは専門性の高い記事です。

それで、インターネットで調べれる程度とか、自分や家族が経験あるから書けるかも程度のテーマで、かつ報酬が高いものだと書いてみたくなります。

 

一文字単価1円前後だとどうしても数量産しないと、お小遣いにもならない訳です。

 

しかも原稿を納めたとしても、それが確実に採用されるとは限りません。

 

これが、出典が怪しい謎の記事が量産されていく理由です。

 

 

美容に疎い私が美容系の記事を書きあげ、使った事もない製品のおすすめを書き上げます。

仕上げました。インターネット駆使して。

 

エンコードは失敗したけどほぼ修正なし、オッケー合格」

 

 

・・・ 

 

本登録の前に、罪悪感がひどくてお断りしてしまいました・・

 

あの記事の行方は知りません。

私が首突っ込んだ処は全て、公開先は教えられないです。

 

・・・という経験があるからこそ

 ライター記事出典の医療系情報は、参考程度です。

でも見ますよね。お医者さん、時間がなくてじっくり説明できない時とか、記事見てなんとなく補完して、次回また聞いてみるとかね。使い方次第ですよね。

 

 

 

ライターなどに限らず

表現や知識を仕事にすると

低報酬 時間無視 無理難題を要求されるのは必ず通る道ですので

これだけで食ってくぞって方は

まずはスキルをしっかり身につけて、無駄時間を減らすことも大事かと思います。

 

と、全然関係のないお話でしたが

請求関連の、処理待ちでして…。

パソコン違うのにしてほしいですね。。と こっそり呟いています

師走前の満月

f:id:npo214megumi:20161115101830j:plain

 

東北地方、沖縄、北海道、、と一部地域でしか見られなかった

スーパームーン

68年ぶりだそうですね

 

昨日、事業所から出ると、とても明るい光が目に入ったので

事業所に戻り、カメラを・・。

って、寒いと、電池がすぐ、なくなるんですよね

残量がほぼなかったので、設定中に電池が切れました

自宅に戻った後、場所を移動して撮影してきました

 

ピークが23時だったのですね

でも とってもきれいでしたね。いつになく眩しい月でした。

 

月だけの写真では

大きさがあんまり伝わらないので

何か、登った屋上の物体でも一緒に映せればよかったのですが

ちょっと距離等がよくなかったですね 捉えれませんでした

 

 

来月は、12月

師走・・と言われる程

慌ただしい月ですね。

 

私のスケジュール帳には、まだ来月はあまり予定が入っていませんが

毎月そうですが

毎月いつの間にか真っ黒になるほど埋まっています

 

なんだかんだ、12月は

忙しくなるんですよね

毎年。

12月に入ってからより

今やれる事を処理しておこうと思います

年賀状とか、主に年賀状とか、、シフトとか、、おたよりとか、、、

 

 

半纏、実は

1着目、完成しました!

 

写真を、撮る前に、作品を連れて行かれてしまったのですが

帰ってきた時にぜひ撮影したいですね。

 

今、2着目を製作していますが

1着目で整った寸法や、製作のコツのようなところをふまえましたので

もう、完成しそうです(笑

 

1台織り機が仕事をしていない状態なので

縦糸を張っているのですが

SAORIの織り機とは、使い勝手は一緒ですが、ちょっと微妙に違うってだけで

想定外の緩みが出てきますね。でも、使いこなすぞ

 

今、利用者さんに部品を作ってもらっていまして、

完成したら、使い勝手を調整しようと思っています。

 

念願の赤い縦糸です。色々作りたいですね。

 

糸張ってる時、頭の中で流れる音楽、みたいなのあるんですよね

私は、美輪明宏さんのヨイトマケですね

字面で連想してるんでしょうね

 

みなさん、いつもありがとうございます。

定員が。。

定員が、そろそろ上限です。

若干は超過しても、大丈夫なのですが。

事業所 物理的に 狭くなってまいりまして

 

昨日少し、私の机周りを整頓…

一部OA機器、リストラ・・・。(壊れていたので、逆になくなってスッキリしたんですけど、)

 

若干作業スペース確保しました

 

私と対面しながら作業する事になります

 

 

お恥ずかしい・・・・。。

 

…何かせめて、

仕切りかなにか、ほしいですね

 

私が利用者さんの立場だと

目の前に同じ利用者さんならともかく、

職員が仕事してる前で何かするって

圧。。

 

ここだとパソコンの隙間から覗く事になりますね。

 

 

 

改造計画はまだ続いています・・

10月

f:id:npo214megumi:20161020130406j:plain

 

半纏の形がだんだん見えてまいりました。

利用者さんのお母様が使っていらした、篝の道具を 利用者さんがお持ちくださいまして、作業時間がどんどん向上しております。

初めて見たのですが、素敵ですね

最近、こういった古い道具がとっても素敵に見えます。それが今も使えるというのも素敵ですよね。

 

古い道具が素敵に見えますから

事業所に置いている、もうすっかり茶色くなった古い桐箪笥など、私は気に入っておりますが

理事長は、機会があったらきれいな箪笥に入れ替えたがっています。

 

 

よく思うのですが、裁縫の世界って、やらない人からすれば、すごく簡単に思うんです。

コースター作るにしろ ちょっとダカダカ縫って終わりのように見える物でも

簡単な話ではないんだよなぁとよく思います。

利用者さんからもよく言われるのですが

特に裂織は生地自体の扱いが非常に難儀でして

加工するのに、普通にハサミをチョキチョキしようものなら

生地がバラバラになってしまいます

ので、チョキチョキしても大丈夫なように、ジグザグを何度もかけたりするのですが・・

こういう作業、とても地味で時間がかかるから

目に見えた進捗でもないんだけど

これ抜かしたら大変で・・・

地盤をしっかりさせないと完成後、ガタガタ崩れるのが

とても顕著に出る生地だなぁ

 

そんなわけで、半纏も色々ありますが、完成が楽しみになってきています。

既に私は半纏の製作チームの会議のテーマに驚くばかりです。若干ついていけてません。

 

 

・・・

 

研修に行ってきました。

先日早退した研修は、後日同じグループの方が後半の資料を送付してくださいまして

非常に参考になりました。ありがとうございました。

実は午後、発表担当の私だったのですが・・早退してしまったので、その方が発表も代打してくださいまして…。

いやあ・・・本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

 

 

今回行ったのは青森県男女共同参画課さん主催の 子ども・若者支援の研修会、でした。

 

私はスケジュールの都合上、2回めのみの参加となりましたが

東京大学の桑原斉先生が講師となり、発達障害の支援について勉強してまいりました。

 

こういう機会は本当に、ありがたいと思っています。

病院に行かなくても、専門機関に行かなくても、診療時間内など限られた時間ではなく

きちんと知識・経験を蓄積してくださっている方から

たくさんお話を聞けるって、すごい事だなーと思います。

ネットである程度調べる事はできても、その情報の信憑性とか全部、自分で裏付けを取り始めて、私は結構回り道してしまいます

しかも裏付けなんかだいたい、・・・果たして?な部分もありますから

ザックリ。理解するしかなく

イレギュラーな事態になった時

例えば、利用者さんの接し方で、困った時

なんでだろう?というのが出てくるんですけど

 

こうしてちゃんとした先生からお話を聞いて

この なぜ? が なるほど。に変わっていくだけでも

支援の負担もそうだし

利用者さんの負担も軽くなります

 

そして気になった点は講師の先生に直接聞ける

すごいなと思います。

(他の方の質問のレベルが高く、私は恥ずかしながらできませんでしたが)

 

内容も非常に参考になりました。

発達障害とか、精神疾患とか、羅漢している本人自身もよく分かっていない事もままあるでしょうし、支援する我々はもっとわかりませんので

たくさん勉強になりました。ありがとうございました。

研修に行ってきました

事業所はとても忙しいのですが

忙しいだけでは、利用者さんを支えきれない場面は多々あります。

要領がよくなりたいなぁ。。

 

今日は、雨が、すごい日でしたね・・。

季節の変わり目もあって、寒暖差が激しく

それとは別に私は夏から咳が止まらず、まともな対談ができない事が続き、大変ご迷惑をおかけいたしました…。

未だ治療中ですが、会話が可能となってまいりました。

 

 

 

今回は、罪を犯してしまった方への支援について勉強してきました。

福祉の方にとっては、犯罪者への支援に不安を覚えたりする事もままある、、そうです。わかります。

 

そもそも、ピンと来ないし。

 

私自身、犯罪といえば

 

ヒッチハイクだと思って止まった(止められた)ら、行き先ではなく、「免許。」

 

とか

 

荷物おろしてるとき

 

「ビルの前に車停めてる人・・・・・・黄色い人来てるよ〜じゃーね〜・・」

 

っと言われ 慌てて戻ったものの

 

黄色い札がはっつけられてたり

 

する程度で

 

(今は、ゴールドです。。・・)

 

とはいっても、犯罪を犯してしまう方の気持ちはわからないでもないです。

 

アウトローかっこいいとか、楽だとかそういうのじゃなく、

 

多分、本人やりたくて罪を犯す人はごくごくめったにいないんじゃないかな

追い詰められて追い詰められて、それでしか方法がなかったんじゃないかな

と思います。

 

 

助けてくれる人や

話聞いてくれる人や

自分の問題が自覚できなかった人や

問題解決の方法がわからなかった人など

 

それに加え、今までの生き方とかが絡まって絡まって・・・

大変だったんじゃないかなぁ

 

普遍的な慰めとかだけでは

根本的な問題解決にならない場合もあり

再犯をする人がままいるのかなぁと

思っていまして

 

実際に研修では、今までのデータ等を教えていただき

色々絡まって、犯罪する事しかわかんなかった。人が多い感じがありました。

やはり生育歴などの洗い出しが 支援には必須なのもわかりました。

 

うーん

よくネットで配信されるニュースとかで

罪を犯した人の記事を読み

批判的な意見ばっかり集まるのが インターネット ッポイとこを感じますが

 

私は、なんでそんな事したんだろうなーと思ってしまいますので

ネット配信のニュースに対する、個人の感想とかは

あまり見ません。

 

正直、専門家の意見も

気になる時は

調べる事もあります。

自称専門家は、たまにいます。

専門知識がないにもかかわらず、記事報酬目当てで、うさんくさい情報撒き散らすライターさんもざらにいます。

 

 

で、

 

事件に対し

 

なんでそんな事したの?バカだな。という意見はめっちゃくちゃありますが

被告への事情を察する人なんてあんまり滅多に見ません。

逆に察しすぎて、思い込み激しくないか…と思う意見もあります。

これを世論と捉えると、偏りそうなので、あまり見ないのですが。

 

◯◯(批判的要素)だからダメなんだよ。みたいな考え方は、なんというか…安全圏なんだけど、無責任だよねって思います。

 

犯罪したその人を社会から切り捨ててしまっては、その人は生きていかねばならないのに、戻ってきたときどうするの?もっと大変な事するんじゃないの?と思います。

 

生育歴に問題があった場合なんて

多少の言葉のやり取りでは

ご本人の問題は溶けないでしょうと思います

 

そこは努力でどうにかしろよ。と思うのも正常かと思います

色々あったけど踏ん張ってどうにかして今生きてる人もたくさんいると思います

しかし障害が絡んできたり 例えば知的障害が絡んできたりすると

努力をするまでが大変になってきたりしそうなんだけどな

 

と思っていたのですが

やはり、生育歴や環境でハンデくらった人は大変だし

発達障害ある人はもっと大変だし

知的障害ある人はもっと、大変だと

いう事がわかりました。

 

色々書きすぎると、講義の先生方のお話するネタ潰しになりかねるのでは・・とか

私がざっくりと書きすぎて、言葉の語弊とかで、先生方の伝えたい意図が間違って発信されると困るので

割愛します。ので、ほどほどに見てくれれば 幸いです

 

なんか

支援にあたって

ご本人が前向きに頑張る分、まだまだ、この例題の人はチャンスあるななっと思いました。大変ではあるだろうけど。

 

もう自暴自棄とかになられてしまった人とかは

ウチ(A型)だと

支援する依然のレベルなので

この中間にいらっしゃる事業者さんはもっと大変だろうと思います。

 

 

福祉の事なんか、私はよくわからないままここにいますが

日々勉強になります。

よくインターネットの事に触れますが

ネットがなきゃわからない事だらけです。

 

だから、利用者さんへ対し

どこまで踏み込んでいいのだろうか。というのは日々、日々かんたんに決断できません。

このあたりの踏み込み方は、まだまだ甘いなぁとも思いますし、逆に踏み込まなすぎたな、と思う事もよくあります。

 

ところで、研修なのですが

急用で2日め早退したので

あのワークシートの正解はなんだったのだろう。

と気にはなっています。

が、ソレ以前の講義は、本当に参考になりました…。

ありがとうございました。